GRINDRとは?

Posted on 20 9月, 2013

ゲイの出会いの最先端ツール、GRINDR(グラインダー)をご存知だろうか。
iPhoneとiPadの専用アプリケーションで、今自分のいる場所から近くにいる登録しているゲイすべての写真が端末の画面上にずらりと並ぶのだ。
これはGPS機能を利用しているのだが、この機能をダウンロードした端末があれば、どこでもすぐに好みのゲイに会うことができる。
チャットの他、画像の交換や現在地の詳細を伝える機能などがあるが、気に入らない相手はブロックすることも可能なので安心だ。
このアプリには無料版と月々350円課金の有料版があるが、機能の差はさほど大きくはないので、無料版で十分だろう。
このGRINDR、現時点ではiPhoneとiPadの使用に限られることから、最近GRADAR(グレイダー)という類似品が増えてきている。
これはどのケータイでも使用が可能なので、今後より多くの支持を得ていくことだろう。
2010年8月現在の時点で世界中で約80万人、日本でも約2万人のユーザーを持つグラインダー、ゲイの新しい出会いの方法としてたくさんの利用があるのだが、問題点がないわけではない。
それは誰でも登録が可能であること、つまりノンケの男性や女性がふざけて登録ができることなのだ。
ユーザーであるゲイのほとんどは出会いを求めて登録をしていることから、アクセスすれば自分の顔を端末上に晒すことになる。
そうなれば、自分がゲイであることを知らない会社の同僚などが目にすることがないとは限らないのだ。
そんなトラブルを回避するために、ブロック機能などを利用して上手く立ち回ることが重要だ。

Comments are closed.